電話代行を選ぶ時に気をつけたいあれこれ

必要なサービスを提供してくれるか確認

電話代行とは顧客からの電話が電話代行業者に転送され、オペレーターが代わりに応対するサービスです。外出中や商談中など電話に出られない時でも安心ですし、電話の用件は電話やメールで報告してもらえます。コストも電話対応のための事務員を雇うよりもかからないため、利用するメリットは大きいです。
しかし、いざ利用しようとなると、どの電話代行業者が良いのか迷われるかもしれません。選ぶ際のポイントは、電話代行を利用する目的をハッキリさせることです。電話代行サービスの内容は業者によって様々であり、自分にとっては必要ないサービスが含まれていることもあります。不要なサービスにお金をかけるのは無駄ですから、欲しいサービスが多い業者を選ぶと良いでしょう。

安すぎると感じるなら注意!

電話代行業者を選ぶ際は、料金も気になることでしょう。低コストが電話代行の売りの一つでもありますから、安いに越したことは無いのですが、あまりにも安い場合は注意が必要かもしれません。例えば基本料金が安く設定されていたとしても、オプションをいくつか付けたら支払額が想像以上に大きくなってしまったなんてこともあり得ます。安いからとすぐに即決するのではなく、詳細を確認して納得してからサービス利用を決めることが大切です。
他にも、コール数無制限だからお得と謳っている業者も疑った方が良いでしょう。このような業者ではオペレーターの数が1~4人程度と少ないことがよくあります。人数が少なければ電話応対も追いつきませんから、話し中が多くなってしまい、電話代行の意味が無くなってしまいます。コール数無制限は一見魅力的ですが、金額に見合ったコール数を提示している業者の方が安心です。

電話代行サービスは依頼者の代わりにオペレーターが電話応対をしてくれるサービス業です。秘書代行などとも呼ばれています。

© Copyright Telephone Advice. All Rights Reserved.