店の運営が一人だけ...どうしよう...

大事な電話を逃さないために

一人で店を運営していると、すべての業務を一人で行うことになります。時にはいくつかの業務を同時にこなさなくてはいけないこともあるでしょう。製造・接客・配達など職種によってその業務内容は異なりますが、取り分け苦労するのが接客中や外出中の電話対応です。留守番電話を設置するという方法もありますが、すべての客が伝言を残すとは限りません。また、携帯電話はどこにいても対応できる便利さはある半面、運転中の使用は禁止されているため注意が必要です。
それでは、大事な顧客からの電話を逃さないためにはどうすればいいのでしょうか。実は便利なサービスとして、プロのオペレーターが代わりに対応してくれる「電話代行」があります。

電話代行サービスとは

電話代行サービスでは、顧客などから店にかかってきた電話を代行サービス会社へと転送し、オペレーターが応対します。名前や用件、連絡先などを取り次いでもらえるため、新規の客を逃してしまう心配もなくなるでしょう。また、既存顧客の場合でも、電話がなかなかつながらないことは信用問題に関わります。電話代行サービスを利用することは、店と顧客の信頼関係を保つことにも一役買ってくれそうです。
さらに、店側としては電話のことを気に病む必要がなくなるため、やるべき業務に集中できるなどのメリットがあります。それによってより質の高いサービスを提供できるようになり、ひいては既存顧客の維持と新規顧客の獲得にもつながるでしょう。

© Copyright Telephone Advice. All Rights Reserved.